お茶の石川園*
*
お茶の石川園お茶の一覧>菰掛け茶(かぶせ茶)

森のお茶菰掛け茶
菰掛け茶
煎茶のさわやかさと玉露の風味を持ったお茶です

四月、新芽が出たら、葉を摘む二週間ほど前から、お茶の旨みを引き出すために、茶園に菰(こも-おおい)をかぶせて栽培します。日光をさえぎることで、渋味が少なく旨みの多いお茶になります。
菰掛け茶 「お茶の旨みの秘密」
お茶にはテアニンという物質が含まれています。このテアニンはお茶の旨みを出すアミノ酸です。テアニンは根でつくられて葉まで移動します。そこで日光をさえぎることにより、渋味のカテキンへの変化をおさえ、まろやかな旨みの味わいをつくります。


閉じる


copyright